第5章 会員、家族ぐるみの運動を展開して50年

婦人部活動

婦人部は1962年(昭和37年)に結成されました。

青年部が結成されるまで青婦部として活動していましたが、1970年(昭和45年)723日の婦人部再建総会以来、子供の教育問題、自家労賃問題、婦人の地位向上問題、母親大会の参加、アートフラワー講習会、ゴキブリダンゴつくり、ダンス講習会など、婦人のもつさまざまな要求実現の運動と、領収書整理会など記帳要求もとりあげ奮闘してきました。

高田てるえ、佐藤春子、猪井多喜子、 関京子、北山はまこ、田中広子、西堀典子、筒井早苗、などが歴代の部長です。

青年部の活動

青年部は1969年(昭和44年)に誕生しました。

年齢の関係上、継続して運動が困難をともないながらも、開業資金問題、後継者問題、 青年学生平和友好祭参加、コンピュター導入、記帳要求、などを取り上げるとともに、ソフトボール大会、サマーキャンプ、ボーリング 大会、スキーまつりなど青年の親睦、連帯の運動も行ってきました。

関義一、中村和男、川越弘一、時田謙、粟田晧二、中山富次、福田伊佐史、中村光輝 が歴代の部長です

共済会

会員のいのちを守る共済会は、1978年(昭和53年)兵商連共済組合発足より始まりました。

発足当時、長田民商の会員加入者は13名、17口と記録されています。

当時は全国的な共済会は存在せず、各県連が生命保険会社と業務提携して運営していました。

まさに生命保険的要素が大きな共済会でした。

1984年 (昭和59年)待望の全商連共済会が会員10万人目標とし、災害保障付生命共済制度を目的で発足し、翌1985年(昭和60年)413日に長田民商共済会が会員加入比率50%で結成されました。

1984年(昭和59年)の 規約では13口まで可、病気入院給付500円、1985年(昭和60年) は病気入院給付金、1000円、翌1986年(昭和61 年)は、病気入院 給付金1500円と改善されています。

1989年(平成元年)全商連共済会は、民商、全商連共済の一層の発展をめざして「民商、全商連共済制度の 改革素案」を発表、自前の共済会、生存者重視の共済会への改革を訴えた。

2年間の討議期間を置き、1993年(平成5年) 旧会則と並行とし新制度を発足させ、現在に至っています。

尚、新制度は11口、健康診断活動の重視と補助金支給・安静見舞金5000円・長寿祝金50000円、入院給付金3000円などです。

1997年(平成7年)の阪神淡路大震災のおり、超会則適用で被災会員への震災見舞金(5万円)の支給がなされ大いに喜ばれました。

歴代理事長に藤井茂夫、西堀超也、酒井享子、 歴代専務理事に金増和男 柏原啓作、 山西博之が奮闘した

 

 

民商まつり

 年 行事 参加数
 第1回  1977年  創立30周年行事 運動会 (須磨海浜公園) 2000名
 第2回  1978年  エキスポランドへ バス10台 500名
 第3回  1979年  こはく丸貸し切り 四国琴平クルージング 950名
 第4回  1980年  医生協と共催 にこにこまつり 3000名
 第5回  1981年  市が原にファミリーハイキング 500名
 第6回  1982年  運動会  (須磨海浜公園)  2000名
 第7回  1984年  春日農園 栗・椎茸狩り  500名
 第8回  1987年  創立40周年行事 (西台文化体育館) 4000名
 第9回  1989年  岡山湯郷温泉旅行  180名
 第10回  1992年  運動会 (須磨海浜公園) 1500名
 第11回  1997年  震災復興創立50周年行事 (真野小学校)  1800名