民商婦人部

女性の視点で起業にチャレンジする人が増えています。

起業に関する相談や経営上のアドバイスはもちろんですが、子育てや家事との両立、従業員との関係などの相談にものれるのは、同じ立場の仲間がいる民商婦人部です。
女性経営者交流会などで情報交流も行なっています。

 

暮らしと営業を切り開く多彩なとりくみをくりひろげています。

営業を支える業者婦人は商売にたずさわりながら、家事や育児もこなし、一生懸命働いています。

商売のこと、生活のこと、子どものこと、何でも話しあい、励まし合っています。

「暮らしと営業の見直し運動」をはじめ、学習会や自治体交渉などを積極的におこない、業者婦人として生き抜く活路を見つけています。

「国保料(税)、年金が高くて払えない」「売り上げが減った」「子供の問題で悩んでいる」「体の調子がおかしい」「子どもの教育費に頭が痛い」「記帳や決算を学びたい」などなど、みんなで集まって話し合えば、苦しいのは自分だけではないのがわかります。

同じ悩みをかかえている業者婦人だからこそわかりあえる、力になれる。

三人、四人と集まって、気軽に話し合える班活動でひとりぼっちのおかあちゃんをなくし、お互いに気を配りあっていきましょう。

「1人はみんなのために、みんなは1人のために」と、力をあわせている民商婦人部にあなたもぜひお入りください  部費は月100円

平和と子供のしあわせを守るために…

 

婦人部協議会の3つの意義

  1. 業者婦人の要求実現と、その社会的・経済的地位の向上に役割を果たす。
  2. 民商・全商連運動の質・量を高める内容をもつ。
  3. 政治を革新し、平和で豊かな日本の建設をめざす国民の力を強める。

 

▼加入資格

民商会員の女性事業主と、会員の女性家族従業者が入部できます。
お問い合わせは長田民主商工会へ