確定申告

 

自主記帳、自主計算の確定申告

 民商は、自主記帳、自主計算を方針にしている団体です。 そのため全会員が、収支計算の仕方や確定申告書の書き方を覚えることができるよう、役員や事務局員が援助しています。

 日本は、「納付すべき税額が納税者のする申告により確定する」(国税通則法第16条)とした申告納税制度を採用しています。

税務署が勝手に税額を決める事はできません。
もし、記帳していなかったり、資料を保存していなかったりすると、税務署に税額を決めさせる「すき」を与えてしまいます。
そのようなことにならないように、民商は会員どうしが助け合っています。
申告書の提出は3月13日に全国一斉に、重税に反対する運動の一環として集団で行います。

生活と営業を守りあう集団申告を行うのです。
会員どうしが団結して、なかまを守りあう日が3月13日です。

▲ 確定申告は大丈夫ですか?

申告は住民税、国保・介護保険などに連動し、合計ですごい負担に!
許可申請や融資、保育料などにも関係します。
申告は慎重に、民商で一緒に考えましょう。

▲ 申告・納税

増税に告ぐ増税で、商売もくらしも大変です。
ムリして納税していませんか?
民商では納税者の立場で相談にのります。
全国25万人の自営業者が集まる民商で自分の申告を見直してみませんか?

▲ 記帳・決算

日々の帳面づけは頭のいたい悩みです。
民商では誰でもできる「エクセル会計」や「パソコン会計」、みんなで教えあう「領収書整理会」など、自分にあった記帳を見つけることができます。

▲ 消費税

消費税の税務調査が急増しています。
赤字でも払わないといけない消費税。
民商では商売をつぶされないよう消費税対策をしています。
自営業者の実態を無視したムチャな調査・取立てを許しません。

お困りのことがありましたら、どんなことでもご相談ください。
 帳面をつけていない。つけていてもこれでいいのかわからない。業者の言い分を聞いてくれない。税務署員のいいなりになりそうで

怖いなど、税務調査に対する不安は『民商』で解決しましょう。